母の日は母に会う日 母の日参り 5月第2日曜日は「母の日」 母の日にはお母さんの好きだったお花とお線香を持って「母の日参り」へ

母の日は母に会う日 母の日参り 5月第2日曜日は「母の日」 母の日にはお母さんの好きだったお花とお線香を持って「母の日参り」へ

ご存知ですか?「母の日」の由来

5月の第2日曜日は「母の日」。母親への日頃の感謝を表す日として親しまれていますが、この記念日、実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。

きっかけは、当時フィラデルフィアに住む、母親想いの女性、アンナ・ジャービスでした。
彼女の母親は南北戦争中に傷ついた両軍の兵士たちを救援・看護し続けた献身の人であり、1905年5月に他界。
アンナは敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちます。

彼女の構想に共鳴した周囲の助力もあり、1908年5月10日、アンナの母が長年教鞭をとっていたウェストバージニア州グラフトンの教会で「母の日」を祝う会が催され、アンナは母が好きだった白いカーネーションの花を祭壇に捧げました。この時が公的な最初の「母の日」といわれます。

亡き母を偲ぶ心から始まった「母の日」の輪は、やがて米国全土に広がり、ついには1914年、ウィルソン政権下の連邦議会で5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律が可決され、翌1915年の施行によって初めて国家規模で認められた「母親のための記念日」誕生となりました。

写真


「母の日」は亡き母を偲ぶ一人の女性の想いからはじまりました

写真

「母の日」は『母の日参り』に
行きませんか

亡き母を偲ぶ想いから生まれた「母の日」…。

そんな記念日の由来に心を合わせるかのように、最近、ゴールデンウィークから母の日にかけての好季節に、亡くなられたお母さんの墓前を訪ねる『母の日参り』の習慣が広がりを見せています。

天国のお母さんへ改めて伝えたい「ありがとう」の気持ち

今年の「母の日」には、お母さんの好きだったお花・好物を持って、在りし日に想いを馳せながら、改めて感謝の気持ちを伝えに行きませんか。

お墓参りにはなかなか行けない・・・そのような場合は、お仏壇にカーネーションをお供えしたり、カーネーションの香りのお線香をお供えするのもおすすめです。

普段なかなか伝えられない感謝の気持ち。
「母の日参り」をきっかけに、
「ありがとう」の想いを
改めて伝えましょう!

イラスト

「母の日参り」のお供えに

花風 カーネーション バラ詰

(内容量:約180g)

花風 カーネーション バラ詰 花風 カーネーション バラ詰

奥ゆかしさと心暖まるようなカーネーションの優しい姿をイメージした、やさしいフローラルの香りです。
母の日のお供えにぴったりのお線香です。

詳細・ご購入はこちら

花風カーネーション 小バラ詰

(内容量:約54g)

花風カーネーション 小バラ詰 花風カーネーション 小バラ詰

カーネーションの香りをイメージしたお線香。
少量タイプなので、お試しにおすすめです。このままお墓参りにお持ちいただいても・・・!

詳細・ご購入はこちら

「母の日」に 大切な人と語り合う祈りの空間

やさしい時間 祈りの手箱

やさしい時間 祈りの手箱

「お仏壇を相続される立場にないご遺族様にも、故人様との語らいの場を提供したい・・・・」
<やさしい時間 祈りの手箱>は、そのような想いから生まれた「手元供養品」です。

プライベート空間にとけこむニュートラルなデザイン。故人と心かよわす大切な時間にふさわしい品格です。

やさしい時間 祈りの手箱

日本香堂公式サイト<母の日参り特集>はこちらから 母の日参りにおすすめ商品をご紹介しています

日本香堂公式サイト<母の日参り特集>はこちらから 母の日参りにおすすめ商品をご紹介しています

私たちも「母の日参り」をご案内します。

「母の日参り」をきっかけに、ゴールデンウィークにご家族やご親類が集まった際のお土産、お供えなど、ぜひご覧ください。

サントリーフラワーズ

サントリーフラワーズ

世界で唯一の青紫色のカーネーション「ムーンダスト」を母の日参りに。

詳細はこちら

日比谷花壇

日比谷花壇

お供え用におすすめの、優しさに包まれた一対のお花束をお線香とともに。

詳細はこちら

亀屋万年堂

亀屋万年堂

おなじみの「ナボナ」をはじめ、この時期だけのお菓子をご用意しております。

詳細はこちら

  • facebook
  • twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加