「母の日」のお話

花の画像

母の日のはじまりを知っていますか

カーネーション

5月の第2日曜日は「母の日」。誰もが知っている行事ですが、母の日を祝う習慣はどのようにして生まれたかご存じでしたか?その起源には諸説ありますが、よく知られているのは「100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まり」という話です。

この風習は1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月第二日曜日を母の日にすると宣言し、やがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。1915年(大正4年)には教会でお祝いの行事が催されるようになり、徐々に民間に広まっていったと伝えられています。

では、アメリカと日本以外の世界の国々に「母の日」はあるのかなと、少し世界の母の日について調べてみました。イギリスはイースター・サンデーの2週間前の日曜日で、今年は3月2日でした。スペインは5月の第1日曜日、大韓民国は5月14日、イタリアやデンマークはアメリカや日本と同じ5月の第2日曜日、ロシアは11月の最終日曜日。

国によって日付は違いますが、お母さんに感謝する気持ちは世界の国々で同じなのでしょうね。

色や花言葉から見た、母の日のカーネーション

カーネーション

母の日の贈り物としてすっかり定着したカーネーション。 母性愛を象徴するカーネーションは、聖母マリアが涙した後に咲いた花と言われています。また、カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色とも伝えられています。

母の日に縁が深いアンナ・ジャービスの母親がカーネーション好きだったことで、母の日とも関連の深い花になりました。カーネーションの花言葉は、色によって意味がそれぞれ異なります。たとえば赤は「真実の愛」、白は「尊敬」、ピンクは「感謝」を意味するのだとか。

普段は照れくさくて言えないメッセージを、カーネーションの花言葉に託して贈ってみてはいかがですか?

日本では毎年100万人以上が「お母さん」になります

お母さんと赤ちゃん

平成18年度の10月1日現在推計人口の調査によると、平成18年度の出生児は109万人。前年の平成17年の調査と比べると4千人多い新しい命が生まれました。毎年100万人以上の「お母さん」が生まれている計算になります。

彼女たち新米ママは、これからどんな子育てを経験し、どのような「お母さん」になっていくのでしょうか。きっと素敵なお母さんになって心に残る母の日を迎えるのでしょうね。

  • facebook
  • twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加