亡きお母様に心を込めて贈る、
お盆のお花の選び方

花の画像

お母様の霊をお迎えするお盆の過ごし方

お盆は、亡くなったお母様の霊がお家に帰ってくると言われています。今年もまた一緒に過ごせるひとときがやってきます。ご先祖様やお母様の霊をお迎えする際やお墓参りには、お供えとしてお花は欠かせないものです。
母の日コムでは、お盆のお花の選び方や、お供えする時期をご紹介します。天国からいつもあたたかく見守ってくださるお母様を華やかにお迎えしましょう。

お盆の期間はいつからいつまで?

花と線香

お盆とは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したもので、ご先祖様の霊が現世に帰ってきて、再びあの世に帰っていくという行事です。故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆(初盆)といいます。お母様の霊が初めて里帰りする日ですので、お母様が好んだお菓子や果物、お花をお供えして普段のお盆よりも手厚くお迎えします。
お盆の日取りは地方によって差があり、東京などの都市部では7月13日から16日の4日間、その他の地方では8月13日から16日に行われています。お盆に実家に帰れないときはお供花としてお花を贈ったり、お部屋にお線香やお花、お供え物を飾ったりして、帰ってきたお母様の霊に手をあわせましょう。お母様への追善や感謝の気持ちは、遠く離れたところからでもきっと伝わります。

お母様を想う気持ちをお花に込めて

花束

ご仏前にお供えするお花の種類は、一般的に白い色合いが多く用いられますが、淡い色彩のピンクや黄色、エレガントな紫など、ふんわりと優しい色合いでまとめたり、生前お母様が好きだったお花をお供えしたりするのもよいでしょう。日比谷花壇では、お供えする際に対で飾れるようお花が2本ずつ入ったボックスフラワーなど、お供え用のお花を取り揃えています。

hibiyakadan.comのお盆・新盆特集はこちら

花束

帰省時の手みやげでお花の傷みが心配なときや、お手入れを気にかけることなくお花を供えたいときは、プリザーブドフラワーや、生花をリアルに再現したアーティフィシャルフラワー(造花)もございます。(※生花以外のお花を供えても良いかは、地域や慣習にによって異なります。)枯れることのない、お母様への永遠の想いが伝わります。

アーティフィシャルフラワー花束「虹(にじ)」のご購入はこちらから「ボックスフラワーとお盆仏具のセット(蓮花ライト付)」のご購入はこちらから

お盆の風習は地域や宗教によって違いがありますので、風習がわからない場合は一般的な白系の花や淡い色合いのものを選ぶとよいでしょう。

年に一度、亡きお母様と向き合える一日

手を合わせる女性

亡きお母様と過ごすことができるお盆は、生きているときには言い尽くせなかった感謝の気持ちを改めて伝えることができる貴重な日。年に一度の機会ですので、お母様をあたたかく迎えてあげたいですね。

その他のお供え花のご購入はこちらから

一覧へ戻る

他の記事へ

  • facebook
  • twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加