母の日だけではありません!
感謝を伝える「いい夫婦の日」の過ごし方

花の画像

母の日コムでは、年間を通して「お母さんへの感謝の気持ち」をお伝えしていきたい!感謝の気持ちを伝えたい人を応援していきたい!と考えております。
そのために感謝の気持ちを伝えるイベントごとに、演出のご参考になるような情報を発信していきます。

11月22日(金)は「いい夫婦の日」。

ちょっと気が早いかもしれませんが、「母の日」まで約半年。
テレビで「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー」が発表され、話題にもなる「いい夫婦の日」。毎年11月22日の「いい夫婦の日」は、「お父さんからお母さんへの感謝の気持ち」を伝える絶好のチャンスです。いつも家事に子育てに頑張っているお母さん。この日だけは特別に「妻へのプレゼント」として、お花を贈りましょう。気持ちのこもったお花のプレゼントは、女性の幸福感を高める最高のアイテム。「ありがとう」の言葉を添えて、「いい夫婦の日」をステキに演出してください。
母の日コムでは、シチュエーションやシーンにあわせたお花の選び方をご紹介します。

外食ディナーにお花を添えて

食事をする夫婦

「いい夫婦の日」だから家族で外食を楽しもう、というシチュエーションであれば、花瓶がいらず、どこにでも置きやすいフラワーアレンジメントがおすすめです。ちなみに「いい夫婦の日」アンケートによると、「パートナーから記念日に欲しいプレゼント」の上位にランクインしているのが、食事とお花の贈り物。ディナーにお花を添えることで喜びも2倍になります。

フラワーケーキでサプライズ

フラワーケーキ

自宅で食事を楽しむなら、フラワーケーキで粋なサプライズが演出できます。フラワーケーキとは、本物のケーキのような形に作られたフラワーアレンジメントのこと。ディナーのタイミングに合わせて、フラワーケーキとスパークリングワインをこっそりテーブルにセッティングしてみましょう。お花があるだけで、食卓が華やかな雰囲気に変わります。

フラワーケーキを探すならhibiyakadan.comで

12本のバラに、夫婦円満の秘訣あり

12本のバラ

花束を贈りたいけど、どんなお花を選んでよいかわからない方は、ぜひ「ダズンローズ」を。ヨーロッパには、大切な人に愛情の証として12本(1ダース)のバラを贈る風習があります。12本のバラには、それぞれ「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」の意味があります。まさに夫婦円満のキーワードばかり。12本のバラの意味を語るのも、知的な演出となります。

バラを探すならhibiyakadan.comで

「いい夫婦の日」は奥様に感謝を伝える日。

何気なく過ごしてしまいがちな、「いい夫婦の日」。今年は、お父さんがほんの少し勇気を出して、いつもがんばっているお母さんに、感謝の気持ちを伝えてください。普段言えない「ありがとう」をお花にこめて。いい夫婦の日は、家族の絆を深める記念日です。

一覧へ戻る

他の記事へ

  • facebook
  • twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加