2017年は人気ランキングに頼らない!
母の日ギフト選びのコツとポイント

花の画像
カーネーション

「喜んでもらいたい」という思いが強いほど、母の日のプレゼント選びには時間がかかります。悩みすぎてなかなか決められず、結局「無難なカーネーションを贈ることになった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、母の日ギフト選びのコツとポイントをご紹介します。

ヒントは会話の中に

母と娘

母の日のプレゼント選びのヒントは、普段の何気ない会話の中や、贈る相手の趣味・習慣などから得られるものです。
何気ない会話の中には、母親が欲しがっている物や、現在困っていること、不満を把握することができます。例えば、疲れやストレスがたまっている場合にはリラクゼーショングッズやマッサージのギフト券、キッチン周りに不便さを感じている場合であれば、キッチングッズなどが喜ばれるでしょう。
また、趣味や習慣があれば、趣味や習慣に関する実用品のプレゼントもおすすめです。

気を遣わせない配慮を

悩む女性

喜んでもらいたいと張り切りすぎると、かえって相手に気を遣わせてしまう場合があります
あまりにも高価な物をプレゼントすると、母親は普段以上に気を遣ってしまうでしょう。そのため、贈り物の金額や食事会の規模、旅行のプランなどには配慮が必要です。
母の日の経験談では、「高価な物をもらって、お返しを考えずにはいられなかった」、「子どもや孫との食事会を開いてくれたのは嬉しかったが、孫に気を遣って疲れてしまった」などの意見が挙がりました。母親が本当に喜ぶプレゼントを贈るためには、事前にしっかりと母親の気持ちをリサーチしておくことが大切です

想いを伝える工夫

時間をかけて一生懸命選んだプレゼントでも、プレゼントが相手の好みに合わない場合もあります。意図せず気を遣わせてしまうことや、ときには誤解を招いて不快にさせてしまう可能性もゼロではありません。このようなリスクを最小限にとどめるために役立つアイテムが、メッセージカードや手紙、ビデオレターです。 プレゼントにメッセージカードなどを添えることにより、自分の気持ちを相手にしっかりと伝えることができます。また、添えられたメッセージによって、心がこもっていると感じる方も少なくありません。日頃の感謝を文字にして伝えることにより、誤解されることなく気持ちが伝わるでしょう。

おわりに

日頃の会話を大切にすることから、母の日のプレゼント選びは始まっています。プレゼント人気ランキングなどに頼らなくても相手のことを考えて決めたプレゼントであれば、きっと喜んでもらえるでしょう。
今年の母の日はとっておきのギフトを贈れるように、事前にしっかりとリサーチしておきましょう。

一覧へ戻る

他の記事へ

  • facebook
  • twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加